社会に適合できなかった超一般人の功罪

社会に適合できなかった超一般人の功罪

吹野 燈(ふきの あかり)と申します。

新しい記事が書けた話

 うも、怠惰を極めて二週間吹野 燈(ふきの あかり)です!

 今回は「新しい記事が書けた話」……だと思うじゃないですか!?

 嘘でーす!

 はい。今日は二〇一八年四月一日“エイプリルフール”でした。ちなみに記事の公開もしっかり午前中にしています。

 偉いね!

f:id:fukinotooooo:20180401113824p:plain

 ……全然偉くない!

 週二投稿という目標を掲げておいて、まさかの隔週投稿という現実には偉業の欠片も感じません。

  どちらかと言えば異形ですね。

 なぜここまでブログの更新が滞り、こんなに“内容がないよう”な記事を公開する羽目に陥ってしまったのか。それを今回の記事でお話します。

 

公開予定の記事が重すぎた

 い。またこれか!

 もういつもこれやってますね。多分今後もずっとやっていくのでしょうね。

 次に公開する記事は前回の記事が完成する前に決まっていたんですけど、やっぱり内容が重すぎて完成の目処が立たないです。

 「今週中には完成させたい」と思うのですが、これ毎週思ってますね。

 自分でこの状況を笑っちゃってますけど、ぶっちゃけ全然笑えませんね。

 それにしても毎回懲りずに“公開予定の記事が重すぎてブログの更新が滞る現象”に陥って更新が滞っているのに、なぜ同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。

 その理由はこのブログの方針にあります。

 

“新しいこと”への挑戦

 のブログの方針は「“新しいこと”への挑戦」です。

 そもそもこのブログは私の私による私のためのブログで、私の怠惰な生活を戒め成長を促すためにあります。

 私の目的は最初の記事である「ブログを始めました」に遠回しで書いたように、あらゆる分野の創作活動に強くなることです。 

fukinotooooo.hatenablog.com

 しかし、それらの分野は専門技術を扱うので学習にはある程度の期間を要してしまいます。それが“新しいこと”であるなら尚更時間がかかります。あと、だらけます。めっちゃだらけます。

 それ故に記事の内容が思いついていても学習に時間を取られてしまい、成果物がなかなか完成せず新しい記事も完成しないのです。

 そういう理由で記事の公開が遅れてしまっているのですが、流石に次の記事まで更新なしだと本当にエタりそうだったので、重い腰を上げてこんなしょうもない記事を公開しに来ました。

 ごめんなさい、すぐ帰ります。はい。

 

おわりに

 ジャブの練習がしてぇ!

 なんか軽くて面白い記事をジャブの如くポンポン打てるようになりたいですね。

 このブログ方針だとブログの更新頻度が本当に隔週になりかねません。

 うーん、でも「最近話題の“フォートナイト”をやってみた結果wwwww」とか某匿名掲示板のスレタイのような記事を書いて、オチがグラボ乗ってないノートPCなので“ぬるぬる3Dアクションゲーム”をやるつもりが“フォートナイト昔話紙芝居”が始まってしまった、とかいう悲壮感溢れる記事だけは書きたくないですね。

 PUBGより軽いとかいう甘い言葉に釣られてインストールしたのが馬鹿でした。普通に考えてノートPCじゃ無理ですよね。

 最終奥義としては“くっそしょうもない四コマ漫画を描いて一記事として公開するという手法”ですが、やったら負けだと思ってます。

 くっそしょうもない四コマ漫画をジャブのように公開し始めたら、「プレッシャーに負けたな」と思っててください。

 ふ、振りじゃないですからね!?

f:id:fukinotooooo:20180401114515p:plain

 それでは今回の記事はこのへんで。ありがとうございました。

 

おまけ

 「新しい記事が書けた話」が嘘だと冒頭で言いましたが、それが嘘であることを記事タイトルで伝えるためには新しい記事を公開しなければなりません。

 しかし、それを行えば「新しい記事が書けた話」は真実となり冒頭の嘘であるという告白との矛盾が生まれ、新しい記事を公開することも公開しないこともできなくなります。

 吹野 燈はこれを「新しい記事のパラドックス」と名付け、広く言い伝えました(言い伝えてません)。

 ここ、テストに出ます(出ません)。

Copyright © 2018 社会に適合できなかった超一般人の功罪