社会に適合できなかった超一般人の功罪

社会に適合できなかった超一般人の功罪

吹野 燈(ふきの あかり)と申します。

イラスト完成させる宣言!

f:id:fukinotooooo:20180428111058p:plain

“りゅうおうのおしごと”を観ながらだらーっと描いた雛鶴あいちゃん

 うも、今までイラストが完成したことがない吹野 燈(ふきの あかり)です。

 今回はちょっとギルティーすぎる普段の行いを戒めようという記事です。

 

イラストが完成しないのです

 まで私は結構色々と絵を描いてきたのですが、どれも落書き止まりでそれらがイラストとして完成することはほとんどありませんでした。

 実際私の画力が足りていないので、ちゃんとしたイラストを完成させようとしたら膨大な時間と労力がかかってしまうというのは事実なのですが……それにしても完成しなさすぎる!

 ぼちぼちと絵を描き始めて、実はもうかれこれ“一年という節目”を迎えようとしていますが、生産してきたのは模写と落書きばかり。

 いくら“非生産的な動物のニート様”でも、流石にこの事実には堪えるものがあります。

 もちろん上達はしているのです。一年前とは見違えるほど上手くなりましたし、描くスピードもそこそこ速くなりました。ちなみにこれが最新の落書きです。

f:id:fukinotooooo:20180507144515p:plain

オリジナル

 本当は手の練習をしていて手だけ描いていたのですが、途中で身体を描いたり顔を描いたりしているうちに背景までついていました。

 しかし、アタリ止まり。

 ……これはまずい。非常にまずいです。せめてラフまで……いや、線画と塗りまでやって完成させたい!

 そこでこういう落書きを生産することをきっぱりやめて、イラストを完成させる努力をしていくことをここに宣誓しようと考えました。

 

イラストを完成させるために必要な心掛け

 誓とは言っても“気持ちを入れ替えるなんて決心ほど無駄なものはない”というのが、私がニート生活を続けてきて得た教訓です。

 そこで具体的な解決策を五点ほど、備忘録という意味合いも兼ねてまとめておこうと思います。

 

一、必要な工程を飛ばさない

 はい。これよくやっちゃうんですよね。

 面倒くさいからなんて理由で線画とかを飛ばしたりするんですが、明らかに必要な工程を飛ばす方が後々面倒くさいです。

 アタリラフ(色ラフ)線画塗り仕上げとどれも大事な工程ですので、飛ばすことがないように日頃から注意したいですね。

 ラフなんて飛ばしてしまった日には線画がめちゃめちゃ薄っぺらくなっちゃいますからね。ラフを飛ばして高いクオリティのイラストを生み出せるのは、歴戦のイラストレーターのみだと思います。

 ちなみに資料からのスポイトなしで描いていた場合、色ラフを飛ばすと配色がめちゃくちゃになり収拾がつかなくなってしまいます。よっぽど優れた色彩感覚が養われていないと難しいですね。

 

二、資料集めをちゃんとやる

 これが一番闇が深いです。

 面倒くさがりなせいで、資料なしのまま落書きしちゃうことが多いんですよね。

 しかし、これってぶっちゃけ手癖で描いているだけになってしまうので、練習にはならず完全に時間の無駄です。

 どんなにささいな物でも、分からない点があれば資料を探す癖をつけるようにしたいですね。

 

三、一日で完成させようとしない

 その日暮らしの衝動的な動物なので、描き始めたイラストはその日で完成させたくなってしまうのですが、他のタスクもありますし高いクオリティのイラストを一日ではどう考えても厳しいです。

 それが不慣れであればもっと難しいでしょうし、一日でイラストを完成させようという心持ちはもう少しレベルが上がってから持とうと思います。

 

四、落書きサイズのキャンバスを使わない

 これ普段から改めるべきですね。

 明らかに解像度が足りていないキャンバスを使い続けているので、ディテールの描き込み量がいつまで経っても増えないのです。これって本当に勿体ないことです。

 さっさとテンプレートに高解像度のキャンバスを追加してこようと思います。

 

五、情報量の多いイラストに挑戦しない

 描き込みは正義だと思っているんですが、塗りまで考えると現在のレベルでは絶対に完成せずにお蔵入りになるのが目に見えています。

 その点をしっかりと念頭に置いた上で、まずはバストアップに近いイラストから始めていくべきだと思いました。

 

 以上の五点が、今後イラスト制作を本格的に行う上で絶対に意識したいポイントですね。あとは描き始めたイラストを必ずどんな形であっても完成させようという決意が大事ですね。頑張ります。

 

おわりに

 たここが近況語りコーナーと化してしまいます。ちょっと長めにだらーっと書くので、珍しくも静かなテイストでお送りします。

 

 最近、ようやく噂の記事(前回の記事などを参照)が描ける可能性が浮上してきました。とても嬉しいです。

 無理かもしれませんが、ささやかな目標としては今月末までにはその記事を完成させて投稿したいですね。

 

 またそれとは別の話なのですが、実は私ラノベなるものを描きたいと以前から思ってまして、最近精力的に執筆を試みています。一応、一年ほど前から何回も執筆に挑戦していたのですが、なかなか上手くいかなくて度々原稿をお蔵入りにしていたんですよね。たまにプロットなどを改稿したりと手入れはしていたんですけども……。

 あとはもし原稿を完成させられたらそれをそのまま賞に送るか、送らずにネット上で連載し始めようかをかなり迷っています。正直言って私が今書いている作品はプロット段階にどうしても問題があるように思えてしまいまして、送ったところで落選する気しかしないんですよね。詳細プロットにフォーカスして見る分にはそこそこいい感じに書き出せていると自負しているのですが、やはりプロット段階で見てしまうと少し訴求力に欠ける印象なのです。

 そして、一番の強み(?)であるキャラデザやイラストまで自分でできるという点なのですが、賞は基本そういった資料の添付は受け付けていないみたいなんですよね。出版社さんにもよるんでしょうけど……。やはり、自分の描いたイラストですぐに原稿を公開したいという気持ちは強いです。キャラクターメイキングもだいたいビジュアルから入りましたし……。そんなわけで、イラストまで完成させてからネット上で連載したいなと今のところは考えています。

 まあ、ラノベの話はよっぽどのことがない限り、このブログのメイン記事にすることはないと思います。別名義を使ってこそこそと活動していく所存でございます。

 

 そんなわけで冗長になってしまいましたが、しょうもない近況報告でした。精々頑張って生きていこうと思います。

 

 それでは今回の記事はこのへんで。ありがとうございました。

Copyright © 2018 社会に適合できなかった超一般人の功罪